オーダーメイドウィッグを長持ちさせるための保管方法やメンテナンス

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

どのようなものでも長持ちさせるためにはしっかりメンテナンスを行った後、正しく保管することが大切です。

オーダーメイドウィッグの場合、どのように保管メンテナンスを行って行けばよいのでしょうか。

ウィッグのお手入れ

洗面器に37度前後のぬるま湯を用意します。

温度は高すぎると毛やベースが傷んでしまいますし、水だと皮脂が取れにくく、徐々に汚れが蓄積していってしまうため、必ずぬるま湯で行います。

ウィッグの毛をブラシなどで溶きながら濡らします。

洗面器にシャンプーを2プッシュ入れて泡立て、その泡でブラシを使い溶くように洗います。

自毛を洗うようにこすり洗いするとウィッグが傷んでしまうので、必ずやわらかめのブラシを使って洗います。

お湯を取り換えて、きれいなお湯で、粗目のくしで溶かすようにして洗い流します。

新井の腰があるとウィッグが傷みやすくなるだけでなく、装着したときに頭皮トラブルの原因にもなるので、泡が出なくなるまでしっかり流します。

最後にきれいなぬるま湯を張った洗面器にトリートメントを1プッシュ入れてかき混ぜ、くしで毛を溶かしたウィッグを5分間二します。

毛の流れに沿ってブラシで溶かしながら、トリートメントをしっかり流します。

トリートメント成分が残っていると、頭皮のトラブルになるほか、ボリュームが出なくなるので注意が必要です。

最後に、ウィッグをタオルで包んで、軽くたたくようにして水気を切ったらブローしてドライヤーをかけておきます。

自然乾燥でもよいですが、乾く前に雑菌が繁殖し、においが発生する場合があるので、ドライヤーの使用をお勧めします。

保管方法やメンテナンス

ウィッグはいろんな場所に置いておくと、形が崩れてしまったり、癖がついてしまうことがあります。

専用のウィッグ台にのせて、紫外線が当たらない場所で保管してください。

人毛を使用したオーダーメイドウィッグは、紫外線などで色あせてしまうことがあるため、できるだけ紫外線は避けます。

アフターケアサービスがある場合は、そのサービスに従って定期的にメンテナンスを行います。

アフターケアサービスがない場合でも、月に一度はウィッグに合わせて自毛を調節します。

カラーリングやパーマを行う場合にはウィッグを付けたまま行うとより自然な仕上がりになります。

ウィッグは消耗品なので、どんなにこまめにメンテナンスを行っても3年~4年で寿命が来ます。

寿命が来てしまったウィッグを使い続けると見た目も悪くなってしまうので、3年くらいを目安に買い替えを行いましょう。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 世界で初めて認められた女性用育毛剤 パントガールは世界で初めて薄毛や抜け毛に対する効果と安全性が認…
  2. 早めに治療をすれば早期改善が見込める 薄毛の悩みは早い段階で治療を受ければ、それだけ早期改善が期待…
  3. 頭皮や髪に栄養を与える効果のあるもの 一言に育毛剤と言ってもその種類はいくつもあり、主に効果によっ…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 増毛の価値 増毛には少なからずお金がかかりますし、大抵の場合がメンテナンスを必要とする増毛方法です…
  2. 安定感があり着けていることを意識しなくて済む 編み込みタイプのかつらとは、その名の通り自分の髪の毛…
  3. 似合うアイテムの選び方のポイント かつらやウィッグは気になる部分がカバーできればそれで良いというの…
ページ上部へ戻る