オーダーメイドウィッグは保険適用できる?その条件について

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

オーダーメイドウィッグに興味はあるけれど、値段が気になってなかなか手が出ない。

そのように感じている人も多いです。

しかし、病気などでウィッグが必要になったとき、病気の治療費とともに、ウィッグの費用も支払わなくてはならないのであればかなり金額が高くつきます。

そこで病気のためにウィッグを使用する必要がある人たちの、上手な使い方についてご紹介します。

医療用のオーダーメイドウィッグに保険は適応されるのか

ここでいう保険とは、国民健康保険や社会保険などの公的医療保険を指します。

公的医療保険はけがや病気で治療が必要になった場合、その治療に絶対必要とされるものが対象となります。

残念ながらいくら抗ガン治療の副作用で毛が抜け落ちても、脱毛症などでも、病気を治療するために必要なものとは判断されないため、公的な医療保険の対象とはなりません。

そのためオーダーメイドウィッグを購入する場合はほとんどの場合全額負担となってしまいます。

しかし、民間の保険会社のがん保険などでは、抗ガン治療などで毛が抜け落ちてしまい、医師が必要と判断すれば保険金が給付される場合があります。

自分が加入している保険の約款などをしっかり読んでください。

それでもわからなければ自分が加入している保険会社に問い合わせてみましょう。

医療用オーダーメイドウィッグは医療費控除を受けられるか

医療費控除とは、確定申告の際、かかった医療費や医療器具の費用を1年間で支払った税額の一部を返還してくれる制度です。

医療器具とは病気やけがの治療や予防の一環として医師が必要と認めたものをいいます。

医療用ウィッグは、脱毛症や抗がん剤治療の副作用の抜け毛をほかの人にわかられないようにするためのものです。

医療費控除を管轄している税務署の判断としては、ウィッグは外見をよくするために必要な美容機器であり、医療器具としては認められにくい場合が多いようです。

しかし、脳の手術などで頭蓋骨が欠損し、頭部を保護するものがないなどの場合、医療用ウィッグが医療器具として認められるケースがあります。

また、がん治療などでも医師が医療器具として認めたという判断があれば、医療器具として認められるケースもあります。

医療用ウィッグは医療用とはいえまだまだ外見を整えるための美容器具としての扱いが多いです。

しかし、確定申告で医療費控除を行う場合、申請すれば認定されるケースもありますので、購入したときの領収書はきちんと取っておいてください。

また、領収書には医療用ウィッグときちんと書いてもらうことも忘れずに。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 2016/12/9

    ハリモア
    5秒に1本は売れている話題の女性向け育毛剤ハリモア。 数多くの女性誌などでも紹介されて…
  2. 大人の女性を中心に愛用されている花蘭咲ですが、育毛剤にしては優美すぎるネーミングであったり、…
  3. 薄毛の原因は一つだけじゃない ある日鏡を見たら、髪の一部が薄くなってた。 そんな経験を一度は…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 増毛の価値 増毛には少なからずお金がかかりますし、大抵の場合がメンテナンスを必要とする増毛方法です…
  2. 人目を気にせずに済む 薄毛になると当然人目も気になってしまいますが、そんな時に便利に役立つのがかつ…
  3. 薄毛治療と増毛を同時に行うこともできます 今すぐに薄毛を解消したいから増毛は興味がある。 で…
ページ上部へ戻る