かつらやウィッグの寿命は何年?寿命を短くする原因は?

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

基本的に3年と考えて

かつらやウィッグの寿命ですが、基本的には3年と考えましょう。

これは毎日同じものを使用、必要なメンテナンスをきちんと行うことを前提とした数字なので、着けない日が多いのであればもう少し伸びますし、逆に満足に手入れを行わなかったり粗雑に扱っているともっと短くなります。

同じものでもどう扱うかによって実際の年数は大きく変わってきますから、少しでも長持ちをさせたいのであればより大切に扱う必要がありますね。

また素材によってもこの年数は左右され、人毛と人工毛では人毛の方が持ちが長いです。

もちろんこれも普段の扱い方次第で劣化の仕方は変わりますから、どちらを選ぶにしても少しでも長く使えるよう丁寧に扱っていくことが肝心です。

特に気を付けなければければいけないのは熱処理による傷み

少しでもかつら、ウィッグの寿命を延ばしたいのであれば、お手入れの際の熱処理に気をつけましょう。

コテやドライヤーを使ってヘアスタイルを整える場合、その熱で使用している素材が傷んでしまいます。

特に化学繊維である人工毛は縮んだり切れたりしてしまう恐れがあるので、耐熱処理がされているものであってもこの点については注意が必要です。

人工毛と人毛をミックスしてあるものに関しても、人工毛部分だけが変質してしまうと使いものにならなくなってしまいますので気をつけてくださいね。

熱についてはもちろん人毛も注意しなければなりませんので、必要以上にアイロンやドライヤーをかけたり、極端な高温を当てることの無いようにしましょう。

複数を使い分ける

少しでもかつらやウィッグの寿命を延ばすためには、1つを毎日使用するのでは無く、複数を交互に利用するのがおすすめです。

毎日交換して利用すれば休ませるぶん耐用年数が延びますから、より長く愛用していけるでしょう。

2つ以上のものを交互に使用というのが最もベストな使い方です。

ただ、2つ以上の購入をするとなるとその分予算やメンテナンスにもお金がかかりますので、それが難しいという場合には1つのものを丁寧に扱うことが大切です。

外出や来客時以外はつけない、シャンプーやドライの手入れは限りなく丁寧に行うよう心がけていけば本来の寿命に関係無く長く使い続けていけるでしょう。

高熱を当てる、押しつぶして保管する、無理なブラッシングなどがかつら、ウィッグを傷めつける最大の要因となりますので、こういった扱いをしてしまうことの無いよう十分注意してくださいね。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. デルメッドヘアエッセンスは製薬会社が開発した女性用育毛剤です。 そんな育毛剤の効果や使…
  2. 世界で初めて認められた女性用育毛剤 パントガールは世界で初めて薄毛や抜け毛に対する効果と安全性が認…
  3. クリニックやサロン、治療内容によってまちまち 女性の薄毛を治療するために必要になる費用ですが、これ…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. かつらと増毛はどちらも髪のボリュームを増やします 女性も年齢を重ねると、男性ほど顕著な状態にはなら…
  2. メーカーによってまちまち かつらやウィッグを利用していく上では、費用の問題についてきちんと把握して…
  3. 似合うアイテムの選び方のポイント かつらやウィッグは気になる部分がカバーできればそれで良いというの…
ページ上部へ戻る