高いかつらと安いかつら。何が違うのでしょうか

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

素材やクオリティが全然違う

一言にかつらと言っても、2000円ほどの安いものから10万円以上する高いものまで様々なものがあります。

価格の違いは主に素材やクオリティで大きな違いが出てきます。

ナイロンから人工毛、人毛まで実に様々なものが使われ、同じ大きさ、形であっても素材が何であるかで価格は全く異なり、人毛など装着した際により自然で違和感が無いようなものはとても効果です。

ナチュラルな質感のものはクオリティも高く自毛のように使えることが多いためこういったものはとても値段も高くなります。

逆にナイロンを使用したものは着けた際に自毛となかなかマッチせず浮いた感じになり、こういったものはクオリティが低いため価格も安いです。

着けた際の違和感が違う

高いかつらは装着した際の違和感がほとんどありません。

頭皮に感じる重さやつっぱり感などはもちろんのこと、自毛と自然に馴染み本当の自分の髪の毛のようにボリュームアップしてくれるため、より価値のある利用ができます。

また髪質なども工夫され、直毛やくせ毛、パーマヘア、黒髪、白髪、グレイヘア、カラーヘアなどバリエーションも豊富で、自分の髪と同じ質感のものを選択することが可能です。

オーダーメードアイテムであればより一層自分のヘアスタイルに馴染むものができ、その分価格も高くなってくるというわけですね。

かつらはやはりどれだけナチュラルに着けられ、それを人に気づかれないかも大切になってきますが、その点高価なアイテムは視線を気にせず自然に身に着けることができるのです。

手入れの手間や持ちの良さが違う

高いかつらと安いかつらでは、手入れにかかる手間や長く愛用できるかどうかの持ちにも違いが出てきます。

高価なアイテムはササッとお湯洗いした後に軽くドライヤーを当てるだけでふんわり感が蘇り、さらに耐久性も強くいつまでも新品同様の品質を保てるものが多いです。

逆に安いものは使っているうちに素材がちぎれたり、洗ったら絡まってしまう、使っているうちにどんどんへたってしまうというようなことが多いです。

最初の購入費用こそ安く済むものの何度も買い替えなければならないというようなことが出てくるため、長い目で考えればやはり最初からある程度高価なものを購入し、大切に使っていった方がお得と言えますね。

しかし価格や品質は上を見ればキリがありませんから、素材、品質、着用感、手入れの手間などどの程度で納得するかを良く考え、満足に使えるものを選んでいくことが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 女性専用の育毛サロンが増えている 女性でも薄毛や抜け毛に悩む方が増えたことから、女性専用の育毛サロ…
  2. 頭皮や髪に栄養を与える効果のあるもの 一言に育毛剤と言ってもその種類はいくつもあり、主に効果によっ…
  3. まずはカウンセリングと検査 病院やクリニックで薄毛の治療を受ける場合、まずはカウンセリングを行って…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. メーカーによってまちまち かつらやウィッグを利用していく上では、費用の問題についてきちんと把握して…
  2. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
  3. 似合うアイテムの選び方のポイント かつらやウィッグは気になる部分がカバーできればそれで良いというの…
ページ上部へ戻る