増毛のメリットとデメリット

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

増毛のメリット・デメリットを正しく理解しましょう

薄毛治療に悩んでいる皆さんの中には、増毛に興味を持っている方も多いと思います。

増毛は確かに育毛剤よりも即効性があり、最近は地毛とも見紛うほど自然な製品も多く存在します。

しかし増毛はすべての薄毛対策に万能なわけではありません。

増毛のメリット・デメリットを正しく理解して、薄毛対策に活かしてくださいね。

増毛のメリット

①部分的な毛髪の増加が短時間で可能

増毛の第一のメリットは、毛髪の量の調整が短時間で行えること。

そして地毛に結びつける本数を変えれば、髪のボリュームも自由自在で、自然な髪に見えます。

イベントによって増毛の量を調整し、ヘアスタイルを楽しむことも可能です。

②プールや温泉もOK!

地毛に結びつけるタイプの増毛は、カツラやウイッグと違い、そのままシャンプーが可能です。

かなりしっかりと取りつけられているので、少々のことでは、外れません。

プールのような水に濡れるスポーツも気兼ねなく行えますし、その後のシャワーも、シャンプーも普段通りに行うことができます。

日常生活に支障をきたすことが少ないのも、増毛のメリットの1つなのです。

増毛のデメリット

①メンテナンスに費用がかかる

シャンプーもできてしまう便利な増毛ですが、定期的なメンテナンスは必要です。

特に、髪に結びつける増毛は、自然に伸びていく自毛に合わせて、髪のボリュームも不自然にずれていきます。

自然なヘアスタイルをキープするためには美容院に通うのと同じくらい定期的なメンテナンスが必要で、そのメンテナンス費用が、高くついてしまうことも否めません。

②自毛がないと使用できない

一番ポピュラーな増毛手段は人工毛を自毛に結びつけることです。

薄毛対策と言っても、ほとんど髪の毛の残っていない人にとっては、増毛は難しいでしょう。

また、装着する程度の毛があるとしても、結びつける地毛には相応の負担がかかります。

もともと弱った髪の毛にさらに負担をかけているので、中には薄毛が進行する方も。

もちろん、自毛が抜けるとせっかくお金をかけてつけた人工毛も外れてしまいます。

自毛や頭皮のコンディションを確認して検討しましょう。

まとめ

増毛には、他にも注意点や気をつけるべきことがあります。

施術を受ける前には、増毛のデメリットをしっかり確認してくださいね。

気をつけなくてはいけないこともありますが、増毛によるメリットがあるのも事実。

「増毛しても大丈夫」と思えたら、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 数多く存在する女性用育毛剤の中でも特に目を引く長春毛精ですが、まずは名前から注目した人も多い…
  2. ホルモンや血行にアプローチする成分が含まれている 男性の薄毛の原因は健やかな髪の毛を育むサイクルを…
  3. 成人男性以外に処方されることがまずありえない 薄毛治療の内服薬として知られているプロペシアですが、…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 自分の髪の毛にピンで直接固定する かつらには様々なタイプがありますが、最もスタンダードなのがピンで…
  2. 自毛に直接結いつける 結毛タイプのかつらとは、自分の髪の毛に部分的に直接結びつけるタイプのかつらの…
  3. タイプによって寿命は異なります 手軽な薄毛の改善方法として知られている増毛ですが、増毛した毛の寿命…
ページ上部へ戻る