増毛した毛の寿命はどれくらい?

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

タイプによって寿命は異なります

手軽な薄毛の改善方法として知られている増毛ですが、増毛した毛の寿命は一体どれくらいなのでしょうか。

それらの答えは、増毛方法によっても異なります。

今回は増毛した毛の寿命について紹介いたしますので、ご自分に合った増毛方法を選択するのに、ぜひお役立てください。

カツラやウイッグの場合は2~4年

昔から増毛のポピュラーな方法といえばカツラです。

カツラの値段はピンキリですが、高価なものを買えば長く使えるというわけではなく、ほとんどの製品が、高価な分は見た目の品質に反映されます。

髪は頭を紫外線や熱から守る大切な機能を持っています。

やはり頭皮から栄養を得ることのできる自毛とは違い、人工毛は日に日に劣化していくことを防げないのです。

髪の毛に人工毛を結びつけるタイプは1~2ヶ月

この場合は、髪の毛が傷んでいくというよりは、結びつけた自毛が成長し、人工毛が頭皮から離れ、不自然な髪形になってしまうためです。

このまま放っておいては、見た目にもよくないですし、ブラッシングをするたびに引っかかって、頭皮や自毛に余計な刺激を与え、結果薄毛症を悪化させることにもつながってしまいます。

このタイプの増毛を行っている方は、1~2ヶ月はメンテナンスに行くことをオススメします。

自毛の寿命は4~5年

上記の人工毛髪は、1~2ヶ月で使い捨てるほどすぐにダメになるものではありません。

あくまでも位置がずれるので付け替えが必要であるということです。

しかし、せっかくつけた人工毛髪ですが、もっと早いタイミングで失っていくということも考えなくてはなりません。

それが、人工毛髪を結びつけている自毛の寿命です。

人間の髪の毛の寿命は4~5年程度と言われており、それを過ぎると自然に抜け落ちるというサイクルがあります。

人工毛髪は数本をまとめて取りつけることがほとんどですので、自毛が1本抜けたのに対して、一気に抜けたように感じることもあります。

髪の毛は生え変わっていくものであるということを考えておきましょう。

まとめ

増毛のメンテナンスは、専門の美容師さんにカットやカラーをお願いできることもあります。

増毛しなくても、定期的に美容院へ行くことを考えれば、それほど新たな出費が増えるというわけではないかもしれませんね。

もちろん増毛しながら育毛や発毛を行うことも可能なので、いつか自毛だけで理想の髪ボリュームを手にできることを願いつつ、育毛サロンの無料カウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 2016/12/9

    ハリモア
    5秒に1本は売れている話題の女性向け育毛剤ハリモア。 数多くの女性誌などでも紹介されて…
  2. 女性医師ならより気軽に相談できる 薄毛治療に関する情報というのは男性向けのものが多いため、女性では…
  3. デルメッドヘアエッセンスは製薬会社が開発した女性用育毛剤です。 そんな育毛剤の効果や使…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. メーカーによってまちまち かつらやウィッグを利用していく上では、費用の問題についてきちんと把握して…
  2. 美容師にアドバイスしてもらおう 気になる部分をカバーするためにかつらやウィッグを利用するといっても…
  3. 増毛は増やしたのに減ることもある 増毛とは、自分の髪の毛に人工の髪の毛を結びつけたり、頭皮に人工毛…
ページ上部へ戻る