増毛をするとはげるってホント?

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

増毛は増やしたのに減ることもある

増毛とは、自分の髪の毛に人工の髪の毛を結びつけたり、頭皮に人工毛の植えつけられたシートを接着するなどして、髪の毛を増えたようにみせる薄毛対策の方法です。

人工的な髪の毛を本当の自分の髪の中に混ぜるので、カツラをするよりも自然に見えることが特徴です。

とはいえ、自毛や頭皮への負担によって、はげてしまうことはあるのでしょうか?

増毛のデメリットと、はげになるリスクについてまとめてみました。

最新の増毛はこんなに進化している

様々な方法のある増毛ですが、最近人気の方法としては、1本の自分の毛髪に複数本の人工毛を結びつけたりする方法と、頭皮に直接シート状の人工毛髪を貼りつける方法があります。

これらの方法は、24時間つけっぱなしで過ごせるだけでなく、洗髪も行えるので、普段と変わらない生活を送れることが魅力です。

進行しすぎた薄毛症には施術できない場合も

一方で、増毛にはリスクもあります。

製品は安全性に考慮されたもので、過度な負担ではありませんが、自毛や頭皮に対して負担をかけているのは事実です。

すでに薄毛症が進行しすぎていて、自毛がある状態とは言っても、細くて弱い髪の毛しかなかったり、少しの衝撃でも抜けやすくなってしまっている場合には、髪の毛に結びつけるタイプの増毛法は施術されないこともあります。

また、増毛に適した髪質だったとしても、質の悪い人工毛髪で増毛した結果、人工毛髪同士がからまり、不自然になってくることもあります。

からまったことが負担となり、抜けやすくなってしまうこともあるでしょう。

自毛にも負担ですし、せっかく増毛にかけた費用ももったいないですね。

増毛にはメンテナンスが大切

リスクもある増毛ですが、多くの場合、髪質に合わない施術をカウンセラーがすすめることはありません。

増毛した後にメンテナンスを怠ったり、不衛生な頭皮環境だったりすることがはげの多くの原因です。

メンテナンスは1~2ヶ月に一度のペースで必要ですが、美容院に通うような感覚です。

カウンセラーは髪に対するプロですから、育毛についての知識ももちろん持ち合わせています。

積極的にアドバイスを聞いてみましょう。

まとめ

結論を言うと、増毛するからと言ってはげになるということはありません。

しかし、頭皮や髪の状態に合わない増毛の方法を選択したり、メンテナンスを怠った場合には、やはり脱毛は進んでいくと言えるでしょう。

ご自分に合った増毛を選ぶためにも、まずは一度専門サロンでカウンセリングを受けてみてはいかがですか?

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 抜け毛が急に増えた場合はホルモン調整作用のあるものを 髪や頭皮の悩みにおいて抜け毛が気になるという…
  2. 育毛サロンの効果とは 薄毛が気になり始めて育毛サロンに通うことになった場合ですが、それなりの費用が…
  3. 早めに治療をすれば早期改善が見込める 薄毛の悩みは早い段階で治療を受ければ、それだけ早期改善が期待…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 増毛は増やしたのに減ることもある 増毛とは、自分の髪の毛に人工の髪の毛を結びつけたり、頭皮に人工毛…
  2. メーカーによってまちまち かつらやウィッグを利用していく上では、費用の問題についてきちんと把握して…
  3. 安定感があり着けていることを意識しなくて済む 編み込みタイプのかつらとは、その名の通り自分の髪の毛…
ページ上部へ戻る