増毛するなら注意点はここ!

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

増毛を長く使うための注意点

気軽に利用されるようになってきた増毛ですが、実際に生活する際には、注意しておかなくてはいけない点はあるのでしょうか。

増毛によって生じる注意点をまとめてみました。

メンテナンスが必要

通常、人の髪の毛は1日に0.3mmほど、1ヶ月で1cmくらい伸びます。

自毛の1本1本に結びつけるタイプの増毛を選択された方は、髪の成長によって結び目がずれてしまうので、時間がたつにつれて不自然なヘアスタイルになってしまいます。

なので定期的に根元につけ戻すメンテナンスが必要です。

また、髪の毛は一日に100本ほど自然に脱毛すると言われています。

そのため、人口毛髪をつけた髪の毛が抜けてしまうと、一気に数本がなくなったような印象をうけることも。

その場合は、新たな増毛をする必要もあります。

これらのメンテナンスは、少なくとも3カ月に1度は必要です。

理想のヘアスタイルをキープするためには維持費がかかることを知っておかなくてはいけません。

自毛と人工毛の違い

増毛を行う際は、業者のカウンセラーが自毛に近い人工毛髪を選びますが、より自然な毛髪ほど高値であることが多いです。

そして増毛したての頃は美しかった人工毛髪は、製品である以上、経年劣化することは防げません。

ほこりや汗、シャンプーやスタイリング剤の汚れなどが蓄積されて傷んでしまうのです。

傷みが激しくなると自毛との違いが気になりだすので、やはり定期的なメンテナンスは欠かすことができません。

ヘアスプレーは厳禁

増毛に使う人工毛髪は、ドライヤーの熱やシャンプーなどには比較的強くつくられています。

しかしアルコールを使っているヘアスプレーなどには弱いため、頻繁にヘアスプレーを使用している方は、スタイリングの方法を変える必要があることも注意点のひとつです。

太陽の光は避ける

自毛に近いものを使ってくれる増毛ですが、太陽の光の下では、人工毛であることがバレやすいので注意が必要です。

自毛が太陽の下では室内よりも透明感があって明るい色に見えるのに対して、人工毛髪は変色しづらいため、もともと生えている自分の髪の毛と違って見えてしまう可能性が高まります。

せっかく理想のボリュームを手に入れたとしても、天気の良い日には帽子をかぶって外出する方が賢明でしょう。

まとめ

増毛は手軽にボリュームアップができるという大きなメリットもありますが、人工毛髪を使用した製品である以上、注意点もあります。

よく検討して、ご自分にあった増毛方法を選択し、あなたのライフスタイルを豊かなものにしてくださいね。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. エンジェルリリアンは、産後の脱毛症に悩むママのために開発された産後用スカルプエッセンスです。…
  2. デルメッドヘアエッセンスは製薬会社が開発した女性用育毛剤です。 そんな育毛剤の効果や使…
  3. 頭部の広範囲が薄くなる脱毛症 びまん性脱毛症とは40代以降の女性の薄毛の代表的な症状で、頭部の広範…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 安く費用を抑えて増毛を行うことができる 今すぐに髪の毛の薄い部分を隠せたら…! と願う方は大…
  2. 美容師にアドバイスしてもらおう 気になる部分をカバーするためにかつらやウィッグを利用するといっても…
  3. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
ページ上部へ戻る