増毛とかつら、どちらを選ぶべき?

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

かつらと増毛はどちらも髪のボリュームを増やします

女性も年齢を重ねると、男性ほど顕著な状態にはならないにしろ、髪のボリュームがだんだんと気になってくるものです。

一昔前までは、薄毛対策といえばかつらが主流でしたが、最近では増毛などの様々な技術が開発され選択肢も増えてきました。

ズバリ、増毛とかつら、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

その二つの違いから検討していきましょう。

今さらですが、かつらとはどんなもの?

髪の毛を生やす力がなくなった箇所に対して、頭皮を隠すためのアイテムがかつらです。

昔は後ろ指を指されていたかつらですが、技術が進化した結果、現代の最新製品は自毛と見紛うほどの精巧なつくりです。

あなたが気づいていないだけで、身近なところにも愛用者がいるかもしれません。

デメリットは、洗髪の際には外す必要があるので、家族や本当に親しい人には打ち明けておいたほうが生活するのには楽でしょう。

また、衝撃でずれやすいこともあり、強風や子どもに髪の毛を引っ張られるなどされた場合は、思いがけずずれてしまうということもあるかもしれません。

コスト的にもかつらのお値段は高く、既存品よりオーダーメイドで作ることのほうが多いため、入手するまでには時間も必要です。

増毛とは?

増毛とは、自分の髪の毛の根元に人工毛を結びつけるという方法で、自毛の中に人工毛が紛れることで、不自然さを感じません。

少量ずつ結わいていくので、増毛の量も調節しやすく、かなり自然に髪を増やすことができます。

何より24時間つけっぱなしで、洗髪もそのまま行えるので、温泉旅行やプールなどにも友達と気兼ねなく楽しむことができます。

櫛でブローもできるので、自分の髪とほとんど変わらずに扱えるのが嬉しい方法です。

一度購入すれば半永久的に使用できるかつらに比べると、増毛は自毛が伸びるにつれてメンテナンスが必要です。

また、自毛を活用するので、自毛が少なかったり、あまりにも毛髪が弱っている場合は、施術をすすめられない場合もあります。

人工毛の重さを感じることはありませんが、それでも物理的には髪が引っ張られ、1本1本の自毛に負担がかかるため、薄毛症を悪化させる原因となってしまう方も中にはいます。

増毛サロンでは無料カウンセリングを行っていることが多いので、まずはご自分の髪の状態を確認しに行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

増毛とかつら。どちらが良いのかはその人の状況によって異なります。

利用を決めるには、自分の毛髪の状態と費用面での検討を行うことが必要でしょう。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 育毛サロンの効果とは 薄毛が気になり始めて育毛サロンに通うことになった場合ですが、それなりの費用が…
  2. 抜け毛が急に増えた場合はホルモン調整作用のあるものを 髪や頭皮の悩みにおいて抜け毛が気になるという…
  3. 数多く存在する女性用育毛剤の中でも特に目を引く長春毛精ですが、まずは名前から注目した人も多い…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 安く費用を抑えて増毛を行うことができる 今すぐに髪の毛の薄い部分を隠せたら…! と願う方は大…
  2. 美容師にアドバイスしてもらおう 気になる部分をカバーするためにかつらやウィッグを利用するといっても…
  3. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
ページ上部へ戻る