増毛と育毛って何が違う?

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

薄毛対策でよく聞く「育毛」と「増毛」。

どれも同じように、今の髪を増やすものだと認識しながらも、その明確な違いは知らないままではないですか?

今、薄毛対策で情報を集めている方も、今は大丈夫だけど、今後のためにケアの方法を知っておきたいという方も、この二つの違いをしっかり把握しておくことで、自分の髪に合った適切な対策を知ることができます。

それでは、育毛と増毛の違いについて紹介していきます。

育毛とは?

育毛とは、今ある髪を育てるという意味です。薄毛の症状である、細く弱った髪を、太くて艶やかな健康的な髪に育てることを想像してみてください。

そのため前提としては、少しでも髪が生えていないと処置が行えません。

進行しすぎた薄毛や、いわゆるハゲ(脱毛症)には意味が無い場合もあります。

新たに髪を増やすのではなく、今ある髪を強く育てるための栄養剤のような働きをするもんが、「育毛剤」なのです。

育毛のケアの方法としては、市販の育毛剤や育毛シャンプーなどで、セルフケアする方法と、専門家の施術を受ける方法です。

専門家の育毛サロンなどでは、市販の育毛剤よりも高級で効果の高い製品が購入できたり、専用の機器などを用いたケアが受けられることが特徴です。

セルフケアに比べると少々お値段は張るかもしれませんが、ウイッグなどではない自分の髪を育てることで、より自然に、自信をもって人前に立つことができるでしょう。

増毛とは?

増毛とは、自分の髪の毛に人工毛を結びつけたり、人工毛が植えつけられている薄いシートをかぶることで、人工的に髪を増やす方法です。

メジャーな増毛としては、ウィッグをつけることもそのひとつです。

増毛の良い点は、薄毛が気になる部分を即効でカバーできることです。

装着にもあまり時間がかからないので、手軽にフサフサの髪を手に入れることができます。

とはいえ、薄毛だった方がいきなりフサフサの髪を手に入れても、周りの目が気になりそうですよね。

そんな方のためには徐々に髪の量を増やしていくこともできるので、安心です。

一方増毛のデメリットは、人工的に髪を増やすので、薄毛の問題を根本的に解決しているわけではないということです。

そして、増毛部分にもメンテナンスが必要なので、定期的に費用がかかる点です。

より自然な増毛を行う場合は、経済的なプランをたてて臨みましょう。

まとめ

「育毛」と「増毛」。

どちらの方法がご自分に合っているかは、その人の髪の状態や生活スタイルによっても違います。

ご自身の髪の状態を正しく知るために、一度専門のサロンや病院などを訪れて、ヘアチェックを行ってみることはいかがでしょうか?

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 早めに治療をすれば早期改善が見込める 薄毛の悩みは早い段階で治療を受ければ、それだけ早期改善が期待…
  2. 大人の女性を中心に愛用されている花蘭咲ですが、育毛剤にしては優美すぎるネーミングであったり、…
  3. デルメッドヘアエッセンスは製薬会社が開発した女性用育毛剤です。 そんな育毛剤の効果や使…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. かつらと増毛はどちらも髪のボリュームを増やします 女性も年齢を重ねると、男性ほど顕著な状態にはなら…
  2. 安く費用を抑えて増毛を行うことができる 今すぐに髪の毛の薄い部分を隠せたら…! と願う方は大…
  3. おしゃれなものが多く価格も手頃 人工毛のウィッグは若者向けのおしゃれなものが多いです。 デザ…
ページ上部へ戻る