適度な運動で薄毛を予防しましょう

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

有酸素運動は薄毛に良い

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、薄毛によいのは有酸素です。

無酸素と呼ばれる筋トレや短距離走などは逆に薄毛の原因にもなると言われていますので闇雲に身体を動かして血流をよくすればよいというわけではありません。

無酸素は筋肉を鍛えるため男性ホルモンが増加して、結果として薄毛に繋がる可能性があるといわれているのです。

一方で有酸素の場合は体内の血行がよくなるため、栄養が頭皮や髪の毛にいきわたりやすく、薄毛にとても良いと言われています。

また、適度に身体を動かすことでストレス解消にも効果があります。

ストレスは薄毛にとても悪い効果をもたらしますので、ウォーキングや軽く身体を動かす事でストレスを発散しつつ、体内の血行を良くすることはよいでしょう。

有酸素を行うことで心肺機能が強化され、全身の血液循環が良くなり、末端の頭皮の毛細血管まで血行が良くなります。

また、身体を動かすことで新陳代謝がよくなり盛んに細胞が作られるようになります。その結果、栄養が全身にも髪の毛にもいきわたるため薄毛が改善されたと言う事もとても多くあるのです。

有酸素運動の内容とは

有酸素として代表的なのは、ウォーキングや自転車、また水泳やランニングです。

これら身体を動かすことは1日に15分から30分ほど、週に3日から5日程度行うと効果的であると言われています。

普段全く身体を動かさない人がいきなり激しく身体を動かすと体調を崩してしまったり、ストレスがかかってしまいよくありません。

そのため、初めはウォーキング程度の楽しみながら行えるものを行うことが良いでしょう。

少し汗ばみ、心地よい疲労感が残る程度が理想的であるといえます。

目標心拍数を設定して、その心拍数を超えないようにする事も大切です。

目標心拍数を超えるほどの運動は心臓に負担をかけてしまいますし、無酸素に分類されるため頭皮によくありません。

目標心拍数は(220-年齢)×0.7で求めることが出来ます。

長期間続けることが大切です

髪の毛は一朝一夕で生えてくるものではありません。そのため、なるべく楽しく長期間にわたって出来るものが良いでしょう。

いきなり激しい運動をして怪我などしてしまうと、長期にわたって運動が出来なくなり、ストレスもたまりますのでよくありません。

無理せずに身体を動かすことを習慣にして身体を健康にするとともに、髪の毛も健康に育つように頭皮作りをしていきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. エンジェルリリアンは、産後の脱毛症に悩むママのために開発された産後用スカルプエッセンスです。…
  2. 成人男性以外に処方されることがまずありえない 薄毛治療の内服薬として知られているプロペシアですが、…
  3. 頭部の広範囲が薄くなる脱毛症 びまん性脱毛症とは40代以降の女性の薄毛の代表的な症状で、頭部の広範…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 素材やクオリティが全然違う 一言にかつらと言っても、2000円ほどの安いものから10万円以上する高…
  2. 増毛は異物を髪に異物を結びつけること 増毛とは、自毛に人工の毛髪を結びつける薄毛対策の方法のひとつ…
  3. かつらと増毛はどちらも髪のボリュームを増やします 女性も年齢を重ねると、男性ほど顕著な状態にはなら…
ページ上部へ戻る