薄毛予防には紫外線対策が重要

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

紫外線は頭皮にダメージを与えています

人間も秋になると抜け毛が多くなると感じる人が増えます。

これは、夏に非常に多くの紫外線を頭皮に浴びたため、頭皮の環境が乱れて抜け毛の原因となっているためです。

ピークは6月から8月といわれており、曇りの日でも晴れている日の60%ほどが降り注いでいるといわれています。

頭皮や毛穴が日焼けをしても、肌と異なり赤くなったりしないため日焼けの症状に気付きにくいのですが、日焼けをすると徐々に細胞を破壊して肌の老化を招いています。

もちろん頭皮も皮膚の一部ですので他の肌と同じようにダメージを受けています。

このダメージで頭皮が固くなってしまい、柔軟性が低下することで血流が悪くなり脱毛に繋がるのです。

また、頭皮だけではなく毛髪もダメージをうけます。髪の毛の潤いがなくなったり、髪がごわついたり枝毛、切れ毛などにつながります。

頭皮は身体の中で一番高い部分にあるので、顔の二倍を超える紫外線を浴びると言います。

薄毛で悩んでおり、地肌が透けていたり分け目が広がっているという方は、髪の毛で日焼けをブロックすることが難しくなっているため特に注意が必要です。

また、夏だけではなく春や秋にも日焼けの対策を行うことが大切です。

薄毛だけではなく白髪といった症状も引き起こすため適切に対策を行うようにしましょう。

なるべく直射日光を浴びないようにしましょう

頭皮の日焼けで特に注意が必要なのは髪の毛の分け目です。

頭皮は髪の毛で覆われているため直接紫外線を浴びることは少ないですが、分け目は直接紫外線の影響を受けますので特に注意しましょう。

日傘や帽子などでなるべく紫外線を浴びないようにすることが大切なのですが、それでも浴びてしまう場合は頭皮のアフターケアをしっかりと行うようにしましょう。

頭皮のアフターケアは肌のアフターケアと同じで、保湿と抗酸化成分を補給することが大切です。

頭皮用のエッセンシャルオイルなども売っているため、紫外線を多く浴びてしまったらその日のうちにケアするようにしましょう。

紫外線を多く浴びた日は身体の日焼けと同じように頭皮が炎症を起こしている可能性も考えられますので、あまりひりひりとするような場合はマッサージなどは避けてください。

それ以外にも、日焼けをしてしまったらなるべくビタミンCを摂取するとよいでしょう。

老化対策にもなりますし、日々の生活の中でもなるべく摂取すると良いですね。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 頭皮や髪に栄養を与える効果のあるもの 一言に育毛剤と言ってもその種類はいくつもあり、主に効果によっ…
  2. エンジェルリリアンは、産後の脱毛症に悩むママのために開発された産後用スカルプエッセンスです。…
  3. 薄毛の原因は一つだけじゃない ある日鏡を見たら、髪の一部が薄くなってた。 そんな経験を一度は…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
  2. 基本的に3年と考えて かつらやウィッグの寿命ですが、基本的には3年と考えましょう。 これは毎…
  3. 自毛に直接結いつける 結毛タイプのかつらとは、自分の髪の毛に部分的に直接結びつけるタイプのかつらの…
ページ上部へ戻る