パーマをすると薄毛になるのでしょうか

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

ヘアカラーとパーマには注意が必要です

女性なら一度は行ったことがあるかもしれないパーマとヘアカラーは、実は薄毛の原因となってしまいます。

若い時にパーマやストパーやヘアカラーを繰り返し行った人は特に注意が必要で、こういったことを行うと髪の毛や頭皮を傷めてしまいダメージを与え続けてしまいます。

その結果、抜け毛や薄毛を誘発してしまうため注意が必要です。

とはいえ、イメージチェンジをしたり自分の気持ちを晴れやかにしたりとストレスがたまらないためにもこのようにヘアカラーなどを行いたいと思う人もいるかもしれませんので、上手に取り入れていくことが大切ですね。

両方行いたいと思っている人は、パーマとヘアカラーを同時に行わないようにしましょう。

必ず2週間は空けるようにしてダメージを最小限に抑えることが大切です。

なぜ薄毛につながるのか

パーマというのは、従来の髪の毛の質を変えて、髪の毛の形にウエーブをかけたりストレートにしたりするのですが、その際の仕組みが髪の毛に悪いと言われているのです。

1剤と2剤という2つの液を使用してかけていきます。

1剤は髪の毛の成分であるケラチンの中にあるシスチンというアミノ酸を分解します。

シスチンが分解されることで従来の髪の毛の形を変えることが出来るのです。この1剤で形を変えた髪の毛を、今度は2剤で分解されたシスチンをくっつけていく仕組みとなっています。

この1液で髪の毛の中に液体を浸透させるときに髪の毛のキューティクルをはがして液を浸透させていきます。

キューティクルを開かないと髪の毛の中に液を浸透させることが出来ないのですが、ヘアカラーも同じ原理でキューティクルをはがしていくので髪の毛が傷むと言われているのですね。

このキューティクルは髪の毛を紫外線などから守る働きもあるため、キューティクルがなくなってしまうのはとても問題なのです。

また、パーマ液1剤に含まれているアルカリ性の成分が頭皮に付着すると頭皮が炎症を起こしてしまいます。

そのため、パーマやヘアカラーをすると頭皮がちくちく傷むという時があるかもしれませんが、この成分の影響によるものです。

ヘアカラーなどを行っている最中に頭皮が傷む場合はすぐに申告しましょう。

ヘアカラーもパーマも1回行ったからといってすぐ薄毛になるというものではないのですが、何回も繰り返し行うことで髪の毛自体が弱くなってしまったり、頭皮が炎症を起こすため、薄毛に繋がってしまうのです。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 薄毛に悩むようになったら 最近抜け毛が増えたなと感じるようになったら、まずはセフルケアで何とかしよ…
  2. 女性医師ならより気軽に相談できる 薄毛治療に関する情報というのは男性向けのものが多いため、女性では…
  3. 薄毛治療を専門に行っているクリニックの多くは男性向けなので、女性はちょっと遠慮してしまいます…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 病気の治療で髪の毛を失ってしまった人のためのアイテム 医療用ウイッグとは、抗がん剤治療や頭部の手術…
  2. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
  3. 素材やクオリティが全然違う 一言にかつらと言っても、2000円ほどの安いものから10万円以上する高…
ページ上部へ戻る