頭頂部が薄毛の女性におすすめの目立たない髪型

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

ロングヘアーよりショートカットが効果的

抜け毛や薄毛が気になる方は、ロングヘアーだと抜け毛や薄毛が進行してしまう場合もあります。

ロングヘアーはショートヘアよりも毛髪自体に重さがあるため、ロングヘアーの方が頭皮が髪の毛の重さや髪型で常に引っ張られた状態となります。

そのため、弱った髪が自然に抜けやすくなってしまったり、頭皮が引っ張られて血行不良をおこしやすくなったりします。

また、洗髪時に頭皮の地肌が洗いにくかったり、シャンプー剤の洗い残しが多くなってしまうため毛穴に汚れが残りやすくなってしまいます。

その他にも頭皮や髪の毛にドライヤーをかける時間が長くなることによる負担増や頭皮が湿ったままになってしまう雑菌繁殖の危険性、ブラッシングの時に抜け毛を引っ張ってしまうことも多いためロングヘアーは薄毛に良くない効果が多いといえます。

とはいえ、ロングヘアーだからこそ薄毛になるわけではなく、頭皮環境や毛髪自体が弱っている状態の時に薄毛になる確率がとても大きくなるということです。

実際にロングからショートヘアーにしたら抜け毛が減少したというかたは少なくないと言われています。

理由としては、まだ抜ける予定ではないはずの成長期の髪の脱毛が減ることなどが大きな要因であると言われています。

トップのボリュームをもたせたショートカット

つむじのあたりにボリュームをもたせた女性らしく大人のシルエットがでるショートカットがお薦めです。

えりあしを首に添わせるようにカットしてもらうことで、トップとの差が出来、トップのボリュームが際立ちやすくなります。

カットしてもらった後は、自宅でも根元を起こすようにドライヤーをあてて、ワックスでもみこむようにすると良いでしょう。

頭頂部の薄毛が目立たない髪型としてお薦めです。

ショートカットとパーマでふわふわのショートカット

ゆるめのパーマをかけて、ふわふわのショートカットにすると優しい雰囲気に見え、同時にきになるつむじの薄い髪の毛をカバーすることが出来ます。

トップスにボリュームを持たせる場合もパーマをかければ一日中崩れず女性らしいスタイルを保てます。

ショートカットに抵抗がある場合はミディアムヘアでも良いでしょう

ショートカットまでカットすることは抵抗がある人でもミディアムヘア位であれば抵抗なく出来るという方もいるのではないでしょうか。

ミディアムヘアである場合、ハーフアップにしたりパーマをかけたりすることもできますし、ロングヘアーよりも髪の毛の重さは気にならなくなるためお薦めです。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. まずはカウンセリングと検査 病院やクリニックで薄毛の治療を受ける場合、まずはカウンセリングを行って…
  2. 大人の女性を中心に愛用されている花蘭咲ですが、育毛剤にしては優美すぎるネーミングであったり、…
  3. 世界で初めて認められた女性用育毛剤 パントガールは世界で初めて薄毛や抜け毛に対する効果と安全性が認…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 基本のお手入れをしっかり行うこと 少しでもかつらやウィッグを長く使うためには、基本的なお手入れをし…
  2. かつらと増毛はどちらも髪のボリュームを増やします 女性も年齢を重ねると、男性ほど顕著な状態にはなら…
  3. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
ページ上部へ戻る