長い髪は薄毛のデメリットが多い

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

長い髪の毛の人はシャンプーをするときに注意

最近ではショートカットにする女性もとても増えてきましたが、女性の代名詞といえばやはりロングヘアーというイメージがあるのではないでしょうか。

シャンプーのCMなどでも女性の長い髪の毛が出てきますが、実はロングヘアーは薄毛にはデメリットの方が多いのです。

長い髪の毛の場合、シャンプーをする際に頭皮や髪の毛のシャンプーがショートヘアーよりも残りやすく、残ったシャンプーが頭皮につまってさらなる薄毛の原因となったり、フケやかゆみの原因にもなりやすくなります。

そのため、長い髪の毛の人はシャンプーをする前にお湯で2分から3分しっかりすすぎ洗いを行うことが大切です。

すすぎ洗いを行うとすすぎ洗いだけで髪の毛の汚れがかなり落ちます。

その後シャンプーを行うと少ない量のシャンプーで十分泡立つため、経済的なだけでなく頭皮にシャンプーが残ってしまい頭皮トラブルを引き起こす可能性が低くなるといえるでしょう。

シャンプーを行う際は、指の腹でやさしく頭皮をなでるようにしましょう。

シャンプーの際に爪をたててごしごしとこすってしまうと、頭皮に傷がついてしまい、そこにシャンプーが入ることで薄毛になってしまうため気を付けましょう。

また、長い髪の毛の人はドライヤーも気を付けるようにしましょう。

ショートヘアーの人よりもドライヤーに時間がかかるため半渇きになりがちです。

半渇きのままだと頭皮に細菌が繁殖しやすくなってしまいます。そのため、ドライヤーはしっかりかけるようにしましょう。

ただし、ドライヤーの熱を当てすぎても髪の毛が焼けてしまうため、少し離したところからドライヤーを当てるようにすると良いでしょう。

ドライヤーの熱で乾かす前に、タオルで十分水分をとってから乾かすようにするとドライヤーをかける時間が短くなります。

自重で引っ張られやすい

長い髪の毛は髪の毛自体の重さが短い時よりもあるため、それだけで髪の毛が下に引っ張られやすくなります。

そのため、髪の毛自体の重さで頭皮にかなり負担がかかっているといえます。また、髪の毛が長いことで髪の毛同士がからまって健康な髪の毛までつられて抜けてしまったり、ブラッシングの際に抜けてしまったりということもありますので、注意が必要です。

髪の毛が長いとトップにボリュームをもたせにくくなってしまうため、髪型がぺちゃっとつぶれて見えやすくなってしまうという難点もあります。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. まずはカウンセリングと検査 病院やクリニックで薄毛の治療を受ける場合、まずはカウンセリングを行って…
  2. 2016/12/9

    ハリモア
    5秒に1本は売れている話題の女性向け育毛剤ハリモア。 数多くの女性誌などでも紹介されて…
  3. 育毛サロンの効果とは 薄毛が気になり始めて育毛サロンに通うことになった場合ですが、それなりの費用が…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 手っ取り早く髪が増やせる増毛ですが… 増毛をすると、1~2ヶ月に1回程度の頻度でサロンに通い、メン…
  2. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
  3. 自毛に直接結いつける 結毛タイプのかつらとは、自分の髪の毛に部分的に直接結びつけるタイプのかつらの…
ページ上部へ戻る