注意!こんな髪型は薄毛になりやすい!

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

ポニーテールは薄毛になりやすい

女性の方なら、一度は小さいころにしていたかもしれないポニーテールですが、実は薄毛になりやすい髪型といえます。

髪の毛を引っ張るような髪形を行うと髪の毛が抜けやすく、けん引性脱毛症というものになりやすくなります。

通常であれば多少髪の毛を引っ張る程度であれば髪の毛は抜けないのですが、長期間にわたり同じ髪形を行っていると頭皮に負担がかかってしまい、薄毛の原因となるのです。

その他にも、お団子や三つ編みやアップスタイルなども注意が必要です。分け目部分に負担がかかってしまうので、毎日同じヘアスタイルにせず、たまには頭皮を休息させてあげる日を作るようにすると良いでしょう。

エクステンションは薄毛になりやすい

ショートヘアからロングヘアに簡単になることができ、イメージチェンジが簡単にできるためとても人気の高いエクステンションも薄毛の原因となります。エクステンションの中でも特に薄毛になりやすいタイプのものは編み込み式といわれるものです。

編み込み式エクステンションは、髪の毛の根元の部分を三つ編みや四つ編みに編み込んで地毛とエクステンションをつけていくのですが、この状態ですと三つ編み、四つ編みの状態がずっと続くため、けん引性脱毛症になりやすいのです。

髪の毛を引っ張らずに装着できるようなシールタイプのものも販売されていますが、やはり頭皮や髪の毛の負担が高いため、エクステンションを薄毛のカバーの為に使用したり、おしゃれの為に行うことはなるべく避けた方が良いですね。

パーマとヘアカラーは同時にしないようにしましょう

パーマとヘアカラーはどちらも毛髪表面のキューティクルを開かせて液を浸透させていくため、頭皮にとってとてもダメージが大きくなってしまいます。

パーマは液体を化学反応させて行うものであり、ヘアカラーで用いられている液体が皮膚障害の重症化を懸念されているものでもあるため、同時にパーマとヘアカラーを行わないだけではなく、なるべくパーマとヘアカラーを行う頻度を減らすことが大切です。

どうしてもパーマもヘアカラーも行いたいという場合は間隔を2週間以上あけて、少しでも髪の毛の負担を減らすようにすることが大切です。

特にヘアカラーは、かゆみやかぶれなどの頭皮の障害を引き起こす可能性がとても高いです。

こういった症状が出た場合はヘアカラーを行わないようにし、頭皮をしっかりと休ませることが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. デルメッドヘアエッセンスは製薬会社が開発した女性用育毛剤です。 そんな育毛剤の効果や使…
  2. 育毛サロンの効果とは 薄毛が気になり始めて育毛サロンに通うことになった場合ですが、それなりの費用が…
  3. 成人男性以外に処方されることがまずありえない 薄毛治療の内服薬として知られているプロペシアですが、…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. メーカーによってまちまち かつらやウィッグを利用していく上では、費用の問題についてきちんと把握して…
  2. 基本的に3年と考えて かつらやウィッグの寿命ですが、基本的には3年と考えましょう。 これは毎…
  3. かつらと増毛はどちらも髪のボリュームを増やします 女性も年齢を重ねると、男性ほど顕著な状態にはなら…
ページ上部へ戻る