ストレスと過労で薄毛になった私の体験談

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

ある秋の事でした。何時ものようにシャンプーをしていた所、抜け毛が多いような感じがしたのです。しかしまあ季節の変わり目、それも秋でしたのでその時にはあまり気にもしませんでした。
所がその後、普通にブラッシングしていてもやたらに髪の毛が抜けるようになったのです。いくら秋でもこの抜け方はちょっと異常なのでは、と思う間もなくあっという間に髪の量が半分くらいに減ってしまったのです。
当時私の髪型はロングでした。なので結ぼうと思って手でつかんだ感触で、髪の量が激減していることがわかったのです。そういった気持で鏡を見てみると、生え際が後退しているような感じもしました。

さすがに怖くなってでは髪の毛を切って重さを減らせば少しはマシになるかと、行きつけての美容院で短くカットしてもらいました。
この時にはすでに額が、かなり広くなってしまっていたのです。しかも短くはしたものの、風になびいただけで髪の毛がはらはら落ちていくと言う状態にもなっていました。
結構気が短い私ですので、髪の毛が抜けていくのを見ているのが辛くなってしまい、同じ美容室でスキンヘッドにしてもらうことにしました。
理容師免許を持った店長が、驚きつつもやってくれましたが、この時にはすでにもみあげ部分の産毛も無くなっていた状態だったのです。
またこの美容師さんに後日聞いた話では、頭皮にかさぶたがたくさんあったそうです。
かきむしったりした記憶は、まるでありませんでしたからこの原因も解りませんでした。

スキンヘッドにしたので、それこそ髪の毛の心配は無くなりましたが、それでも原因が解らないと言うのは怖いものです。このまま髪の毛が生えないままなのか、それとも何か手があるのかと考えて1か月ほど後、体調を崩して入院手術と言うことになりました。
後で気がついたのは、この当時は介護に仕事にと身体も神経もぎりぎりの線で動いていたのですね。そこから不眠症にもなったり、軽いうつ症状も出ていました。それらが高じて身体の内部に既に異常が起きていたわけです。その異常が抜け毛として表面にに現れたと言う事のようです。
実はこの時、養毛剤や育毛剤のことは頭に浮かびませんでした。半分ヤケにもなっていたのでしょう。

しかし手術で身体の悪い部分を取ってもらい、退院して半年後に介護も終わった途端、髪の毛が戻ってきたのです。
ストレスと疲れから内臓を壊し、それが髪の毛の抜け毛と言う反応を起こしたのではないかと言う推理は、当たっていたようです。
髪の毛は戻ってきたものの毛根は弱ってしまったのか、その後ロングにしようとするとやはり途中で抜け毛が多くなります。結果今でもショートカットのままです。
またその時まではカラーリングもしていたのですが、こちらも止めました。白髪染めは頭皮に着くので刺激が強いし、スキンヘッドにしてもらった時にあったかさぶたの事が、白髪染めと関係あるのではないかと思ったからです。

現在、介護も無く仕事は減ってしまったので疲れは激減しました。髪の毛も落ち着きを見せています。しかし油断せずに、過剰なストレスや疲労には注意しています。
毛根の汚れや末端の血流の問題もあるでしょうが、私の髪の毛にとってはストレスと過労が一番の敵のようだからです。

抜け毛薄毛に悩んでいる方、ひょっとしたら過労やストレスが原因かもしれません。休養を取るのも、育毛には大事なことではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 抜け毛が急に増えた場合はホルモン調整作用のあるものを 髪や頭皮の悩みにおいて抜け毛が気になるという…
  2. 女性専用の育毛サロンが増えている 女性でも薄毛や抜け毛に悩む方が増えたことから、女性専用の育毛サロ…
  3. 成人男性以外に処方されることがまずありえない 薄毛治療の内服薬として知られているプロペシアですが、…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 基本的に3年と考えて かつらやウィッグの寿命ですが、基本的には3年と考えましょう。 これは毎…
  2. おしゃれなものが多く価格も手頃 人工毛のウィッグは若者向けのおしゃれなものが多いです。 デザ…
  3. 自毛のように高いクオリティで仕上げてくれる 広告などで見かけるような大手メーカーでかつらやウィッグ…
ページ上部へ戻る