薄毛をお金をかけずに自分で改善できる事をやってみた私の体験談

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

私は30代の女性です。おそらく遺伝でもあると思いますが、元々の髪質は細くて柔らかく、ポニーテールなんかで髪を縛ると、うっすら地肌も見える様な感じでした。
にもかかわらず、10代後半から20代前半にはブリーチしたりして、髪にダメージを与えてました。
今も、髪色が黒いと地肌が目立つ気がするので、明るめのカラーを入れてます。
30代になり、髪質の変化があり、うねったりするようになりました。
頭皮も乾燥したりしてますし、極端に薄くなったとゆう実感はありませんが、髪のボリューム感少なくなった気がして、最近になってようやく意識して頭皮の改善を気を付けていこうかなと思う様になりました。

改善策として、まずシャンプーを変えました。地肌にいいものと思い、アミノ酸系のシャンプーを使いました。
いかにも肌にやさしいとゆう感じで、泡の濃密加減や洗浄力は初めは物足りなさもありましたが、今までが強く洗い過ぎてたんだと思い、優しく丁寧なシャンプーをする様にしました。

あと頭皮が固くなるとよくないとも聞いたので、時間がある時は頭をマッサージしてます。
手えをこぶしにして指の第2関節で優しくグリグリしたり、指の腹でもんだりしてます。
こめかみの上はゴリゴリしてこってるな~って感じがします。

1か月くらいした頃から、髪のボリュームが戻ってきました。
頭頂部がしなっとして分け目が気になってましたが、ふんわり感が戻ってきました。

シャンプー後のドライヤーもスキンケアをしながらタオルドライをしたらすぐに乾かします。
今までよりも地肌から離すように気を付ける事にしました。
温風でしっかり乾かした後に、冷風で髪をとかしながら仕上てます。
このひと手間を加えると、髪の広がりがキレイにおさまります。

朝はでかける前に頭皮用のローションを使用してます。乾燥が気になってたけど、ローションを使用した時はあまり気にならない感じでした。

他にも細かい事ですが、髪を縛るときに、強く引っ張らない様にふんわりまとめたりとか、クシでとかす時も頭頂部から一気にやらずに、まず毛先のからまりをとってから、とかす様にしたり、食事でもなるべくミネラルも摂れる様に考えたりしてました。

とりあえず、お金をかけずにまず自分の意識で改善できる事をやってみました。

極端に大きな変化はないですが、あれ?なんかちょっと・・・と気になってた事がそんなに気にならなくなったり、ひどく進行してる様子もないので、とりあえずは安心してます。

本当は育毛剤や栄養剤みたいな物は使用してみたいと思いますが、効果もわかりませんし、気軽に試せる金額ではないので、手がでません・・
何事もそうかもしれないんですが、ちょっとした改善策でも、続けてれば効果は出てくる気がしましたので、根気よく続ける事が一番かと思います。

忙しくて疲れてる時は、シャンプーした後のドライヤーではいつもより抜け毛も多くなる気がしますし、一日でもちゃんと睡眠がとれなかった翌日には、髪の質もふにゃっとして元気がなくなります。
30過ぎてから、体の状態がもろに肌や髪にも反映される気がしますので、すべての基本である、食事と睡眠を大事にする事がなによりだと思います。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 対処が早ければ薄毛は治りやすい 薄毛を見つけたら、年齢に関わらず早めに対処することが大切です。 …
  2. 世界で初めて認められた女性用育毛剤 パントガールは世界で初めて薄毛や抜け毛に対する効果と安全性が認…
  3. 育毛サロンの効果とは 薄毛が気になり始めて育毛サロンに通うことになった場合ですが、それなりの費用が…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 素材やクオリティが全然違う 一言にかつらと言っても、2000円ほどの安いものから10万円以上する高…
  2. 自毛に直接結いつける 結毛タイプのかつらとは、自分の髪の毛に部分的に直接結びつけるタイプのかつらの…
  3. 増毛は異物を髪に異物を結びつけること 増毛とは、自毛に人工の毛髪を結びつける薄毛対策の方法のひとつ…
ページ上部へ戻る