なぜ薄毛になるの?それは間違えたヘアケアが原因かもしれません。

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

カラーやパーマは頭皮にダメージを与える

ヘアスタイルをより魅力的なものにするためにカラーやパーマを行っている女性は少なくありません。

しかし薄毛の観点からすると、これらの施術はできれば避けるべきケアだと言えます。

ヘアケアの中でもカラー、パーマは強力な薬剤を使用するものであり、どうしても頭皮に付着してしまいますから、大きなダメージを受けることになるのです。

これが直接の原因で深刻な薄毛になるということはありませんが、定期的に繰り返す場合それだけ蓄積していくダメージも大きくなりますから、必要以上のカラーやパーマを行わない、間隔を空けて行うなどの工夫をすることが大切です。

整髪剤の付けすぎも頭皮にダメージを与える

ヘアスタイルを整えるために使用する整髪剤も、薄毛の原因となることがあります。

特に毎日整髪剤をつける人の場合、毎日しっかりシャンプーでこれを落とせていないと、どんどん毛穴が詰まっていってしまいます。

整髪剤は髪の毛につけるものなので直接頭皮に付着させるようなことは少ないですが、それでもヘアケアの際多少なりとも頭皮に触れてしまうものですし、汗をかいたり雨で髪が濡れたりすればその影響で頭皮まで広がってしまうということもあります。

特にキープ力の強い整髪剤の場合、シャンプーでは無くクレンジングでしっかり落とさないと、頭皮、毛穴に付着したままということも珍しくありません。

毛穴にこれが詰まれば薄毛の原因になりますから、もし毎日しっかり髪型を作りこむというような人は夜のシャンプーを見直すようにしてください。

ブラッシングとシャンプーはしっかりと

髪が薄くなってくるとブラッシングやシャンプーで起こる抜け毛が心配になりますが、健やかな髪の毛を取り戻すためには、これらのヘアケアはしっかり行うことが大切です。

ブラッシングやシャンプーで抜ける毛は、成長を終えいつでも抜ける状態になっているのです。

ブラッシングによる適度な刺激は頭皮の血流を改善させますし、たっぷりの泡を使って頭皮を揉むシャンプーは毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落として清潔な状態を保ちます。

この2つは正しいヘアケアの基本であり、怠れば頭皮環境の廃れにも繋がってくるので注意してください。

またシャンプーは夜寝る前、洗い過ぎないようフワフワの泡で優しく洗うといった基本的なこともきちんと心得ておきましょう。

毎日の正しいケアが薄毛の予防に繋がりますので、健やかな髪の毛を育てる清潔で健康的な頭皮の維持に努めていってください。

過度に手をかける必要は無く、当たり前のことを毎日きちんと行うことが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 頭部の広範囲が薄くなる脱毛症 びまん性脱毛症とは40代以降の女性の薄毛の代表的な症状で、頭部の広範…
  2. 大人の女性を中心に愛用されている花蘭咲ですが、育毛剤にしては優美すぎるネーミングであったり、…
  3. 数多く存在する女性用育毛剤の中でも特に目を引く長春毛精ですが、まずは名前から注目した人も多い…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 自分の髪の毛にピンで直接固定する かつらには様々なタイプがありますが、最もスタンダードなのがピンで…
  2. おしゃれなものが多く価格も手頃 人工毛のウィッグは若者向けのおしゃれなものが多いです。 デザ…
  3. 増毛は異物を髪に異物を結びつけること 増毛とは、自毛に人工の毛髪を結びつける薄毛対策の方法のひとつ…
ページ上部へ戻る