女性の更年期になりやすい薄毛の症状と原因

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

髪の毛のボリュームが無くなる

更年期の女性の髪の毛の悩みといえば、ボリュームが無くなってきたというものが多いのではないでしょうか。

40代になるとなんとなく身体の調子が悪いと感じ、更年期なのかなと思う人も少なくないでしょう。

気づいた時に適切に対処することで薄毛の進行を遅らせることはできますので、気づいた時に早めに対処することが大切です。

更年期というのは、閉経を迎える前後5年のことをいいますので、一般的に50歳くらいで閉経を迎えるため45歳から55歳くらいの期間を更年期と呼ぶことが多いでしょう。

早い人では35歳くらいから更年期になる女性もいます。

更年期に起きる症状とは

卵巣のピークは28歳前後といわれており、そこから徐々に衰えていきます。

卵巣の機能が低下することで35歳くらいからエストロゲンの分泌が減少し、閉経後しばらくすると分泌が止まる原因になります。

エストロゲンの分泌が減少することで、身体に様々な影響を与えるのですが、そういった影響が強く出ることを更年期障害といっています。

例えば、冷えや動悸息切れ、異常発汗、めまいや耳鳴り、頭痛や肩こりや腰痛、薄毛や白髪の増加などが挙げられます。

こういった更年期における症状は個人差がありますので、ほとんど症状が出ない女性もいれば、複合して出てくる女性、生活に支障があるほど強く症状がでる女性など様々です。

生活に支障があるほど強く症状が出る場合更年期障害といい、病院で治療を行うことが大切となってきます。

女性の薄毛は気づきにくい

女性の薄毛は男性の薄毛と異なるため気づかないうちに進行してしまっていることがとても多いといえます。

男性の薄毛の場合、額の生え際の後退や、頭頂部が薄くなるなど特定の箇所の髪の毛が失われやすいため目で見て分かりやすいのですが、女性の場合全体的に髪の毛が抜けていき結果としてボリュームがなくなっていくというパターンがとてもおおいためです。

そのため、初期の段階では、少し髪の毛のボリュームが減ったかなという位の感覚であるため、気づかないうちに進行しているという方が多いです。

そのため、更年期に差し掛かった方の場合はとくにイソフラボンを摂取するようにすると良いでしょう。

更年期によって女性ホルモンを自分で作ることが難しくなっているため大豆イソフラボンとうい女性ホルモンに似た働きをする物質を食品から摂取するようにすると足りなくなった女性ホルモンを補うことが出来ます。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 大人の女性を中心に愛用されている花蘭咲ですが、育毛剤にしては優美すぎるネーミングであったり、…
  2. 抜け毛が急に増えた場合はホルモン調整作用のあるものを 髪や頭皮の悩みにおいて抜け毛が気になるという…
  3. 2016/12/9

    ハリモア
    5秒に1本は売れている話題の女性向け育毛剤ハリモア。 数多くの女性誌などでも紹介されて…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. メーカーによってまちまち かつらやウィッグを利用していく上では、費用の問題についてきちんと把握して…
  2. タイプによって寿命は異なります 手軽な薄毛の改善方法として知られている増毛ですが、増毛した毛の寿命…
  3. 増毛の価値 増毛には少なからずお金がかかりますし、大抵の場合がメンテナンスを必要とする増毛方法です…
ページ上部へ戻る