30代女性の薄毛の原因と対策

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

30代女性の薄毛とは

女性の薄毛は30代くらいから急増してくると言われているため、30代になって急に抜け毛が増えた、髪の毛が薄くなってきたと悩む人は多いと言う事を覚えておくと良いでしょう。

自分だけかもしれないと思うよりも、仲間がたくさんいると知っていることで不要なストレスを避けることが出来ます。

30代女性の薄毛は男性のように前髪から薄くなっていくというものではなく、どちらかというと前頭部から頭頂部にむけて頭髪にハリやコシがなくなってきたりボリュームが少なくなってきた、髪の毛の分け目から薄毛が始まってきたという方が多いです。

髪の毛のヘアアレンジが好きな方は注意が必要です

20代の頃からヘアカラーを重ねてきた方が多いかと思いますが、過度にヘアカラーを繰り返すことで頭皮を傷つけてしまい30代になって急に薄毛が目立ってきたという人もいます。

また、ヘアカラーだけではなくパーマをかけることも頭皮によくありません。

パーマやカラーリングを繰り返すと髪の毛や頭皮を傷める原因となるためあまりよくありません。

特に20代の頃美容院でお金を払うことがもったいないと自宅で染めることを繰り返してきた人は相当頭皮や髪の毛が傷んでいるといえるため、今後は美容室で染めてもらうようにしましょう。

それ以外にも、ポニーテールやエクステンションをすることもけん引性脱毛症というものを引き起こします。髪の毛が長期間引っ張られると髪が抜けやすくなったり、薄くなる脱毛症があります。

妊娠によって薄毛になることもあります

妊娠中はエストロゲンというホルモンが増加します。エストロゲンというホルモンは髪の毛を増やす働きがあるのですが、出産後はこのホルモンの分泌が一時止まります。

それにより、髪の毛を生成する働きが止まり抜け毛が増えてしまうことがあります。

妊娠していない時は、プロゲステロンとエストロゲンが2週間ごとに優位な働きを繰り返しているのですが、エストロゲンが急激に増えることで、本来であれば妊娠中に抜けるはずの髪の毛が抜けず、出産後に急に抜けてしまうと言う事もあります。

そのため、あまり気にせず過ごすようにしましょう。

ここで抜け毛が増えてしまったからといってただでさえ出産によるストレスがかかっている中で余計なストレスを与えてしまうと血行が悪くなり余計に髪の毛が抜けてしまう原因にもなりますのであまり気にしないようにすることが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 数多く存在する女性用育毛剤の中でも特に目を引く長春毛精ですが、まずは名前から注目した人も多い…
  2. 頭部の広範囲が薄くなる脱毛症 びまん性脱毛症とは40代以降の女性の薄毛の代表的な症状で、頭部の広範…
  3. ホルモンや血行にアプローチする成分が含まれている 男性の薄毛の原因は健やかな髪の毛を育むサイクルを…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 自毛に直接結いつける 結毛タイプのかつらとは、自分の髪の毛に部分的に直接結びつけるタイプのかつらの…
  2. 基本のお手入れをしっかり行うこと 少しでもかつらやウィッグを長く使うためには、基本的なお手入れをし…
  3. ナチュラルな着用感で自毛に馴染みやすい ウィッグの素材の中でも人毛は最高級品です。 本物の髪…
ページ上部へ戻る