白髪に優しい染め方

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

白髪染めは白髪を増やす?

白髪は老けた印象を与えてしまいますよね。

ですから皆さん白髪が生え始めると髪の毛を染めて白髪を目立たなくするように努めます。

ところがこの白髪を染める際の白髪染めの使用方法によっては髪と頭皮に大きなダメージを与えてしまって、白髪を増やす原因を作ることにつながるんですよ。

白髪は老化現象の一つだと考えられていますが、加齢だけが原因で起こるのではありません。

栄養不足や血流悪化、誤ったヘアケアなどにより頭皮環境が悪化することで白髪が発生しやすくなります。

白髪染めも髪と頭皮に強いダメージを与えて頭皮環境を悪化させる要因になりますよ。

白髪染めが白髪を増やすメカニズム

一般的な白髪染めはヘアカラータイプの白髪染めです。

ヘアカラータイプは、二種類の薬剤に別れていて使用直前にそれを混ぜて白髪染め用の液を作るタイプになります。

このタイプの白髪染めは髪の毛にしっかりと色をつけるために、髪の毛のキューティクルを剥がしてその中に色をつけます。

キューティクルは髪の毛を保護している大切な役割を担っていますので、それがはがれることによって髪の内部にあるケラチンが流出しやすくなったり、髪が外部からのダメージを受けやすくなったりしてしまうんですね。

白髪染めを行うことで髪の毛にも強いダメージが加わるだけでなく、その髪の毛が生えているもとになっている頭皮にもダメージを与えてしまいます。

頭皮に強いダメージが与えられると、今後生えてくる髪の毛にも影響が出てしまい、白髪や抜け毛、薄毛が発生しやすくなるんですよ。

白髪を染めてもその根本はまた白くなってきますので、それが気になって頻繁に白髪染めを繰り返すのはよくありません。

髪と頭皮を傷めずに白髪を染める

髪と頭皮に優しく白髪を染めるやり方は、白髪染めの頻度を考えることです。

ヘアカラータイプの白髪染めを使用するときは、2か月以上間隔を開けてから使うようにしましょう。

しかしその間も新たに生えてきた部分の白髪が気になってしまうでしょう。

そこでトリートメントタイプやヘアマニキュアタイプの白髪染めを使ってみるのです。

近頃髪と頭皮に優しい白髪染めとしてトリートメントタイプの白髪染めがいろいろ販売されていますね。

これはトリートメントのように髪に塗布することで、徐々に白髪に色を付けてくれる商品になります。

ヘアマニキュアのように髪の表面にだけ色をつけてくれるため、ダメージが少ないのが特徴ですね。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 薄毛治療は自己判断では難しい 本気で薄毛を治したい! そう思ったときに一番必要なのは何だと思…
  2. 成人男性以外に処方されることがまずありえない 薄毛治療の内服薬として知られているプロペシアですが、…
  3. クリニックやサロン、治療内容によってまちまち 女性の薄毛を治療するために必要になる費用ですが、これ…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. 病気の治療で髪の毛を失ってしまった人のためのアイテム 医療用ウイッグとは、抗がん剤治療や頭部の手術…
  2. 似合うアイテムの選び方のポイント かつらやウィッグは気になる部分がカバーできればそれで良いというの…
  3. 美容師にアドバイスしてもらおう 気になる部分をカバーするためにかつらやウィッグを利用するといっても…
ページ上部へ戻る