白髪は遺伝する?

(イメージ画像です。本文との直接の関係はありません)

色素が遺伝する

私たちは両親や血縁関係のある人から何かしら似ている部分を引き継いでいますよね。

それが遺伝です。

白髪になる原因はさまざまですが、遺伝的要素も白髪の量に影響を与えているんですよ。

実際に遺伝が白髪に与える影響はゼロではありません。

遺伝的要素の鍵を握っているのは色素ですね。

私たちの肌の色は親の肌の色の遺伝的要素を強く引き継いでいますよね。

両親のどちらかの肌の色が黒いと生まれる子供の肌の色も黒いですし、その逆のパターンもありますよね。

肌の色を決める要因は色素なのですが、その色素は肌だけでなく髪の毛にも影響を与えているのですよ。

髪の毛の色を作っているのはメラニン色素という色素になりますよね。

この色素の働きは親の遺伝子による影響を受けやすいのです。

つまりメラニン色素の働きが弱くなると白髪ができやすくなってしまうんですね。

食生活、生活習慣も遺伝する

他にも白髪が増えてしまう要因として、親の食生活が遺伝することも考えられますよ。

食生活に関しても親からの影響を強く受けていますよね。

親も子供の好きな物や自分たちの食べたいものを食卓に出そうとします。

それが髪の毛の成長に必要な栄養を十分摂れないような食事内容だと、それが白髪を発生させる要因を作ってしまいます。

食生活は小さい頃の影響を強く受けますので、それが大人になってからも続くと髪の毛の成長やメラニン色素の生成に必要な栄養が十分に摂れなくなってしまい、白髪が増えやすくなってしまうんですね。

また影響を受けているのは食生活だけではありませんよ。

生活習慣もまた白髪の発生に影響を与えていますよ。

両親もしくはそのどちらかが運動しない、夜遅くまで起きているような生活習慣を送っていると、子供にもそれが伝わってしまいます。

子供もまた運動をしなかったり、夜更かしをしたりして生活することが増えてきてしまいます。

すると睡眠不足や運動不足が原因で血行が悪くなってしまう、ダメージが修復できず白髪が生えやすい環境を作ってしまうんですね。

遺伝だからとあきらめない

白髪が遺伝的要素を受けていることは確かですが、だからといってあきらめてはいけません。

努力次第で改善することは十分可能ですよ。

まずは白髪が生えにくい生活習慣に変えていく努力が必要ですね。

白髪が生えやすい生活習慣を送っているかどうかを自分野生活習慣と照らし合わせてよく振り返ってみましょう。

そして改善できるべきポイントは改善する努力をしてみましょう。

関連記事

ピックアップ記事

女性の薄毛対策について
女性の薄毛対策にはどんな方法がある?あなたに合うのはどれ?
薄毛の対策方法ってどんなものがあるの?
自分の髪を増やしたい。 今すぐ隠したい。 どうしたいかによっても変わってきます。
それぞれどんな薄毛対策の方法があるのでしょうか。
■■■ 目次 ■■■
  1. 女性の薄毛の原因は?
【自分の髪を増やしたい】
  1. まずは生活習慣の確認から
  2. 栄養が足りない人はサプリで補給
  3. 育毛剤は男性より女性の方が効果的
  4. 確実に薄毛を改善したいなら専門医へ
  5. 育毛サロンはどうなの?
【すぐに薄毛を隠したい】
  1. かつらやウイッグは美容院に相談するのが現実的
  2. 増毛は慎重に!

おススメ育毛剤

マイナチュレ
マイナチュレは、抜け毛や薄毛に悩む女性のための無添加育毛剤です。9割の人がリピートする大人気商品。使い続けるごとに健やかな頭皮を取り戻し、健康な髪の毛を育みやすくなります。

自分の髪を増やしたい人向け記事

  1. 抜け毛が急に増えた場合はホルモン調整作用のあるものを 髪や頭皮の悩みにおいて抜け毛が気になるという…
  2. 早めに治療をすれば早期改善が見込める 薄毛の悩みは早い段階で治療を受ければ、それだけ早期改善が期待…
  3. 成人男性以外に処方されることがまずありえない 薄毛治療の内服薬として知られているプロペシアですが、…

すぐに薄毛を隠したい人向け記事

  1. かつらと増毛はどちらも髪のボリュームを増やします 女性も年齢を重ねると、男性ほど顕著な状態にはなら…
  2. 人目を気にせずに済む 薄毛になると当然人目も気になってしまいますが、そんな時に便利に役立つのがかつ…
  3. メーカーによってまちまち かつらやウィッグを利用していく上では、費用の問題についてきちんと把握して…
ページ上部へ戻る